磨くだけでキヤノン等の中古カメラ買取価格を上げる方法

キヤノンのカメラの中でも一眼レフはボディとレンズがセパレートになっていること、そして豊富なレンズ群があるなどからも、多くの人々からの注目を集めています。さらに、プロ仕様のボディなどの場合は、過酷な撮影現場でも耐久性を重視しつつ、画質も損なわないなどの品質があり、プロカメラマンの間でも人気を集めているなどの特徴があります。新品で購入するとなると高額になるなどからも、中古カメラへの需要も高くなっており、中古カメラ買取を積極に行っている専門店も少なくありません。一般的にはキヤノンのカメラボディやレンズであれば中古カメラ買取の専門を使うことで高価な値段で買い取ってくれますが、少しでも高く売るためにはいくつかのコツを把握しておくことがポイントです。

中古カメラ買取への査定に出す前に行うこととは?

キヤノンのカメラボディやレンズはセットの状態は勿論のこと、カメラボディだけやレンズのみでも高価な値段で買い取りしてくれる業者が多くあります。これは人気ブランドであること、新品の値段が高めで、少しでも安く購入したい顧客が多いなどからも高価な値段での取引が行われるケースが多いのです。しかしながら、買い取り価格は査定員が自らカメラボディやレンズをチェックし、傷や故障の有無などを確認した上で買い取り価格を決めるのが特徴です。査定員は、持ち込まれた商品をどれだけ大切にしていたのかもチェックしますので手垢などで汚れたままになっていたり、レンズやカメラボディのミラー部分に埃が付着しているものなどを見れば、これを大切にしていなかったなどの評価をされるケースもあります。そのため、手垢や埃などはきれいに取り除いてからお店に持ち込むのが大切です。

保証書やアクセサリーなども併せて査定に出しましょう

キヤノンの中古カメラ買取を使う時、ボディのよごれをきれいに落としておく、落とす時には柔らかい専用の布を使って磨き上げておく、レンズなどの場合は表面についている埃を専用の道具を使って取り除くなど、きれいに磨き上げることが大切です。これに加えて、保証書やアクセサリーなどの付属品をすべてそろえておくことも重要です。さらに、購入した時に入っていた箱も用意ができる時には、外箱も合わせて査定に出すことで査定評価をアップさせるコツに繋がって来ます。勿論、箱がなくても査定をお願いすることができますが、ボディやレンズがきれいな状態になっていることが査定員さんへの評価アップに繋がるなどからも、見て分かるような汚れはきれいに取り除いておくなどが高価査定に良い影響を与えるのです。