注意するべきキヤノン等の中古カメラ買取交渉におけるポイント

中古ショップではカメラを買っているサービスがあります。販売されている市販カメラは使わなくなったものがあるときは、中古ショップで買い取ってもらえるので検討してみましょう。処分をすれば場合によって料金がかかりますが、買取なら現金化できるので理想的なサービスです。ただ中古カメラ買取店でキヤノンのカメラなどを売るときにはそれぞれのお店により価格が変動します。理想的な金額で買ってくれるとは限らないので売るお店は選定しないとだめです。お店では買取価格の交渉をすることができるところもあります。うまく利用すれば相場よりも高く買い取ってもらえる可能性もあるのでお得です。ここではカメラを売るときの交渉ポイントをいくつか紹介するので知っておくと便利です。

証拠を持っていくと説得力が上がる

中古カメラ買取店でキヤノンなどのカメラを売るときにちょっと知っておきたいのが他店との比較です。お店によっては他店と買取価格を比較してそれよりも高く買い取ってくれるところもあります。そういうお店を利用してカメラを売るのなら他店の見積書を用意しておきましょう。この見積書があれば説得力がアップするのでおすすめです。例えば他店ではこのカメラが10000円だったので、もっと高く売りたいと伝えます。証拠がない状態だとお店の人も他店の状況を把握できないので、10000円以上の価格をつけにくいです。こういうときに見積書があればすぐに対応してくれます。嘘をついていると思われる心配もないのでスムーズに交渉をすることが可能です。いくつかのお店を利用して見積もりをもらいましょう。

小規模なカメラ買取店をうまく使おう

カメラを買い取りしているお店は大規模なところと個人で行っている小規模なところがあります。大規模なお店はすでに買取価格がリスト化しているので、そのリストを見てカメラを買い取っているのが特徴です。こういうお店は交渉を行いにくいので避けておきます。逆に小規模な個人営業のお店だとそのお店のオーナーが現場で買取を行っている場合がほとんどです。そういうところなら交渉もしやすいと言えます。適当に査定をするのではなく自身の知識を利用して買取を行っています。個人営業の中古カメラ買取店にキヤノンのカメラを持ってくと、高く買い取ってくれる可能性があるのは上記の理由が関係しています。個人なので大型店の店員と比べて交渉をしやすいです。見積もり比較なども気軽に対応してくれるでしょう。