ネットを活用したキヤノン等の中古カメラ買取価格を上げる方法

カメラメーカーの中でもプロからも愛されているキヤノンは、豊富な交換レンズを用意していること、カメラボディにおいても最高品質の製品を用意しているなどからも注目を集めています。新品で購入すると手がでないけれども中古カメラなら購入ができる、自分も欲しいと考える人が多いメーカーの一つです。現在キヤノンのカメラを持っている、買い替えをしたいので中古カメラ買取を使って現金化をしたい人も多いかと思われますが、中古カメラの需要が高めなどからも高価な値段で売れるチャンスもあります。また、最近ではネットを利用して査定を受けることができるシステムになっているお店が多いため、その都度お店まで出掛けて査定して貰うなどの手間や時間を削減できるメリットがあるのです。

ネットの査定はどのような流れになるの?

中古カメラ買取を行っているお店の多くがネットでの査定が可能になっています。ネット査定の場合は買い取り価格の提示ではなく、あくまでも大よその価格になりますので注意が必要です。しかしながら、お店に出掛けて査定をして貰うとなると、数店舗に行くだけでも1日仕事になってしまったり、離れた場所に店舗があれば、移動のための交通費が掛かるなど経済的にもよろしくありません。ネット査定の場合は、サイト内にある専用フォームを使い、必要事項を記載することや売りたいキヤノンのカメラやレンズの写真を撮影して、それをアップロードして行うなどの流れになります。査定に使う情報は使い回しができるため、1度写真を撮影しておけば複数の中古カメラ買取の査定に利用ができるメリットもあります。

写真を撮影する時にはアクセサリー類も一緒に行いましょう

査定を行うのは人ですから、きれいにしておくことは基本中の基本です。しかし、キヤノンのカメラが入っていた箱が残っている、レンズの箱や取り扱い説明書があるなど購入時に受け取ったすべてのものが揃っていると評価も高くなります。一眼レフタイプの場合は、カメラボディとレンズが個別の箱に入っていますし、そのまま箱詰めされているわけでなく、梱包材でしっかりとガードが行われて販売が行われています。そのため、こうした梱包材も写真撮影しておけば査定評価をアップできるわけです。他にもカメラレンズに装着するキャップなども、普段利用しないものはしっかりと保管しておく、中古カメラ買取に出す時には付属品は一式揃えておくなども高く売るコツです。購入した時と同じ状態で写真を撮影することはネットでの査定では重要なポイントになって来ます。